Beatmaking Squad mixed by DJ Mu-R

Price : ¥ 1,944 (税込)

Cat#: STB-059

Artist: V.A
Title:Beatmaking Squad mixed by DJ Mu-R(GAGLE / Jazzy Sport)
# of Tracks:29 Tracks
Genre:HIP-HOP/Instrumental
Format Type:Official Mix CD (All Original Track)
Release:2016.04.23

[Album Snippet vol.1]


[Album Snippet vol.2]


-Track list-
01.grooveman Spot / Area022
02.6th Generation / Get Buck Wild (inst)
03.DJ MITSU THE BEATS / all out
04.DJ HI-ROCK / IN The Place
05.DJ Casin / Slow Warp
06.MONOm.i.c / Mincemeat
07.grooveman Spot / Plot Of The Cell
08.J.P / 火怨 (J.P Remix Inst)
09.Monkey_sequence.19 / native bang
10.6th Generation / m.n.f
11.DJ KENCHY / THE DARK LIGHT
12.Monkey_sequence.19 / FaStshOw
13.DJ AZUMI / GIN BUCK
14.MONO × MONKEY / Seethelight Never Stop
15.DJ HI-ROCK / upppi'n
16.DJ MARZ / UNDERSTAND
17.grooveman Spot / G-Dyyy
18.DJ MITSU THE BEATS / from S.A.N.
19.SHOTO / Samedi
20.Monkey_sequence.19 / HidDeN....
21.Steven's / Peep The Music
22.DJ ADACHI / aho
23.MONOm.i.c / Bedwen Road
24.DJ MITSU THE BEATS / blind world
25.6th Generation / 7Herbs
26.MONOm.i.c / Goody Gumdrops(oh)
27.BOSAMOJA / Someone Left
28.DJ MITSU THE BEATS / affirmation
29.grooveman Spot / Untitled No.5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数量
“どこにもない。が、ココにはある”
DJ Mitsu the Beats(Jazzy Sport/GAGLE)、grooveman Spot(Jazzy Sport/77 Karat Gold/Enbull etc…)を筆頭に、昨年8月にアルバム『The Right Way』リリースし大きな話題を集めている6th Generation、Wonderful Noise Productionsからのリリースで知られるMonkey_sequence.19等々、国境/ジャンルを越えた注目を集めるオリジナリティー溢れる才能を育む都市=仙台。

揺るぎないヒップホップ・バックグラウンドを軸に、ジャズ、ソウル、レゲエ/ダブ、南米音楽をはじめとするルーツ・ミュージックへの探求とそこから生まれる発見やアイディア、ハウスやテクノをも呑み込む同時代的なビート/グルーヴ感覚等を、集約し生み出される仙台のビートメイカー達のサウンドは、オリジナリティー溢れる進化と深化を続けている。ここに届けられた『Beatmaking Squad』は、広く知られる事の無かったシーンの最新にして最深部を作品化したショーケース的な1枚になっている。前述のMitsu the Beats、grooveman Spotをはじめ、16名のビートメイカーが提供したオリジナルTRK全29曲を、GAGLEのDJ Mu-Rが世界観たっぷりにミックスしていく。

この『Beatmaking Squad』には、所謂黄金期と言われる90年代Hip Hopを思い起こさせるループ/サンプリング美学、Dilla以降のビート/グルーヴ/音響感覚、LAやヨーロッパ等各都市でシンクロしながら深化を続けるビートシーンとの共振、ビートダウン、ベースミュージック的に轟くボトムライン・グルーヴ、ジャズやフュージョンの温かなサウンドとムード、ノイズまじりのソウル・サンプリング、ファンクのマッドネス、トリッピーなコズミック・サウンド、ロック的エッジ、45サンプリング、アブストラクト、ナイヤビンギ~レゲエ/ダブ、アフリカや南米的なリズム・アプローチ等々…多彩な音楽性を独自に融合させていく魅惑の音世界が広がっている。

そして、それらの楽曲を DJ Mu-Rが2枚使いやスクラッチを交えた抜群のスキルと構成力によって、一つのアルバムの様なストーリー性の高い作品に昇華させている。 ヴァイナル・ディギン、DJ、ビートメイク、ライブ/パーティー、それぞれが連動しながら育まれてきた仙台のシーンの独創性と豊かな音楽性、そして多くの才能の存在を、この『Beatmaking Squad』で是非確認して欲しい。

揺るぎないヒップホップ・バックグラウンドを軸に、ジャズ、ソウル、レゲエ/ダブ、南米音楽をはじめとするルーツ・ミュージックへの探求とそこから生まれる発見やアイディア、ハウスやテクノをも呑み込む同時代的なビート/グルーヴ感覚等を、集約し生み出される仙台のビートメイカー達のサウンドは、オリジナリティー溢れる進化と深化を続けている。ここに届けられた『Beatmaking Squad』は、広く知られる事の無かったシーンの最新にして最深部を作品化したショーケース的な1枚になっている。前述のMitsu the Beats、grooveman Spotをはじめ、16名のビートメイカーが提供したオリジナルTRK全29曲を、GAGLEのDJ Mu-Rが世界観たっぷりにミックスしていく。

この『Beatmaking Squad』には、所謂黄金期と言われる90年代Hip Hopを思い起こさせるループ/サンプリング美学、Dilla以降のビート/グルーヴ/音響感覚、LAやヨーロッパ等各都市でシンクロしながら深化を続けるビートシーンとの共振、ビートダウン、ベースミュージック的に轟くボトムライン・グルーヴ、ジャズやフュージョンの温かなサウンドとムード、ノイズまじりのソウル・サンプリング、ファンクのマッドネス、トリッピーなコズミック・サウンド、ロック的エッジ、45サンプリング、アブストラクト、ナイヤビンギ~レゲエ/ダブ、アフリカや南米的なリズム・アプローチ等々…多彩な音楽性を独自に融合させていく魅惑の音世界が広がっている。

そして、それらの楽曲を DJ Mu-Rが2枚使いやスクラッチを交えた抜群のスキルと構成力によって、一つのアルバムの様なストーリー性の高い作品に昇華させている。

ヴァイナル・ディギン、DJ、ビートメイク、ライブ/パーティー、それぞれが連動しながら育まれてきた仙台のシーンの独創性と豊かな音楽性、そして多くの才能の存在を、この『Beatmaking Squad』で是非確認して欲しい。